歯医者で一回に治療してもらえない理由とは

歯医者の治療は、痛みを治し、問題なく噛めるようにするということが仕事です。

歯医者の治療を一度にやって欲しくても、一度の治療では治してもらえません。

その原因のひとつとして、厚生省によって患者1人に対する1ヶ月の点数の上限が決まっているからです。


一人の患者に一ヶ月の間に多くの治療をしてはいけないということが厚生省から言われているため、治療を一度に進めることができません。
一ヶ月の間に一人当たりの点数が多すぎる場合には、濃厚治療の疑いということで、個別指導を受けることになってしまうため、短期間でたくさんの治療をすることができません。次に、歯医者は病状の経過を見ながらでないと治療を進められないということもあります。

虫歯で治療をする場合、穴を空けたら膿がでるため、薬を入れながら膿が収まるのを待つことも必要です。

次に、型を取る際には歯茎がはれているうちは、歯型が変わってしまっているため、型を取ることができないということと、神経が繋がっているため、同時に複数本の治療は避ける必要があります。

表参道の歯医者に関してとにかく簡単に調べられます。

患者の負担を低くするということも原因のひとつとなります。

togetterの情報収集ができます。

奥歯の治療は、口をあけなければいけないため、疲れてしまうため、長時間の治療は難しくなります。


最後に、治療自体は終わっていても、予防をするための歯のメンテナンスに必要な知識を身につけることで、歯をトラブルから守り、管理するということが必要となるため、治療が終わったあとでも、歯医者に通う必要があります。



歯医者の治療に何回も通うことになるのは、しっかりとした理由があるのです。